トーン対照の配色【対照トーン配色】

2015/12/01 

対照トーン配色
トーンの区分図で、大きく離れたトーンの組み合わせのことをいいます。
この組み合わせ方は「明るいー暗い(bーdk)」「浅いー深い(ltーdp)」「淡いー濃い(pーdp)」など、言葉の対照性からも考えることができます。

 

①明度が対照的なトーン
「比較的高明度域の明清色のトーン(p、lt、b)」と「比較的低明度域の暗清色のトーン(dkg、dk、dp)」を組み合わせた配色。
ここで言う明度域とは、トーン区分図上のものなので、実際の色の明度域を考える場合、厳密には違うことがあります。

 

②彩度が対照的なトーン
「高彩度のトーン(v、b、s、dp)」と「低彩度のトーン(p、ltg、g、dkg)」を組み合わせた配色。

なお、pとdpのように①、②のどちらにも当てはまる組み合わせがあります。
このような場合は「明度、彩度、どちらに関しても対照的な対照トーン」になります。

 

こちらの記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認後に表示されます。日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)