中小企業の経営者なら中小企業白書を読むべし!

2017/12/25 

中小企業白書って知っていますか?白書とは現状の分析と将来の展望をまとめたレポートのことです。つまり中小企業白書とは政府が毎年出している中小企業を取り囲む環境や、中小企業がどんな問題を抱えていて、これからどのような変化をして行くかの分析、予測をしている書物です。およそ700ページもの分厚さなんです!

気軽に読める本ではありませんが、だからと言って読まないと大損します。非常にためになる情報が満載なのです。専門家による市場分析もためになりますが、様々な中小企業の成功事例や活動レポートのコラムがまた、ためになります。

このコラムはそんな中小企業白書をわかりやすく解説しながら連載していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認後に表示されます。日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)